創業以来、家具用生地に特化しています。

高級家具用生地を製作し続け50年以上を誇るデニッシュアートウィーヴィング社の歴史は、それまでデンマークに息づいていた伝統の手織り生地への畏怖と、誇りの象徴であると言っても過言ではないかもしれません。

2名の起業家がデンマーク伝統の手織り生地を産業として育てました。

50年以上も昔、2名の起業家がそれまで家内製品として織られていた生地の将来性に着目しました。その2名とはお医者様の奥様のマリー・クリスチャンセン、そしてデンマーク系アメリカ人のピーター・ケルデンセンです。この2名は1949年にDanish Art Weaving の前身であるVævegaarden(ヴァンガーデン)を設立しました。マリーは1920年代からデンマーク伝統の織物、「olmerdug」(オルマドゥーグ)を集めていました。1940年代にメリーと会ったピーターは当時勃発していた第二次世界大戦が終了したら、彼女がコレクションしていた伝統生地をベースに新しい生地製作会社を設立しようと誘いました。ピーターはメリーが所有していた伝統生地に並々ならぬ可能性を感じていたのです。第二次世界大戦が終わり、2名は共同で生地会社を起こします。ですがそのスタートはかなり苦しいものでした。その苦しさの原因は原材料の調達です。第二次世界大戦中、或は終了後でもウールで生地を作っている所なんて会社を起こした場所(デンマーク北の端地)には全くなく、それゆえ、その地でウールを調達するなんてこと、とてもできることではありませんでした。そこで、ピーターが考えたのがコーヒー豆でウールを手に入れるという方法です。一見、「コーヒー豆でウール?」と思われるかもしれませんが、第二次世界中、デンマークではコーヒー豆は手に入りずらくとっても貴重な商品となっていました。そこに着眼したピーターはあらゆるコネクションを駆使し、コーヒー豆を手に入れることに成功します。そして、そのコーヒー豆によってDanish Art Weavingの最初の生地が織られたのです。

Danish Art Weavingの歴史3